Welcome to my blog

万成石男(マンナリイシオ)の日記

万成石(マンナリイシ)+元男性保育士の子育て+岡山情報!! ~万成石採掘元(有)武田石材

 全ての想いを込めて~2年間じっくり練ったお墓~

2013.11.吉日






あの2年の時を費やして、

こだわり抜いたお墓がようやく建立されます。










ビフォー状態です。
木のお墓(墓標)の時です。
pfc2_2013-11-07_12-27-31-610.jpg














お寺の先生に抜魂供養をしてもらい、
お骨を取り上げ、
このような状態になりました。
p2013-10-10.jpg













では、取り掛かります。











①1日目
基礎です。


















②2日目
建立です。
一番下の台の下台です。
地上納骨式でここにお骨が入るようになります。















水鉢を取った状態で
ここからお骨(骨壷)を入れるようになります。

















さあ、時は流れ、、、







出来ました!!




9寸和型夫婦墓(特殊加工) 完成です!!
2013-11-07 154249









では、こだわりの細部を見ていきましょう。











お施主様は岡山出身ですが、
東京で生活していましたので、
関東主流の「香箱加工」で仕上げてます。















仏石の両墨の下に入れた亡き奥様が好きだった
「トルコ桔梗」(白色を入れました)。
fc2_2013-11-13_17-07-44-891.jpg














「収納扉付き物置石」
クローズモード。
東京在住なのでなかなかお墓参りに来れないので、
色んなものを収納でき、雨風を防げるこの物置石がご希望でした。
これも弊社で作りました。
初めて作りましたが、予想通りなかなか大変でした。













収納物置石。
オープンモード。
作ってるとき、やはり扉の開閉の部分に一番気を使いました。
扉を開けるときは、前にある「ポッチ」を外して、開けます。













「灯り」
これも弊社で作りましたが、初めて作るものですから、やはりなかなか気を使いました。
しかし、完成したらやはり良いですね。



亡き奥様の実家の家族の想いから「灯り」を置くことが決定しました。
奥様側からのご遺族の寄贈という形です。
よくお参りされている奥様の実家家族の本当に気持ちのこもっている「灯り」です。

夜、故人が寂しがらないようにと、
中にソーラーライトが入るようにしており、取り換えが容易にできるようにしてあります。
まさに、お施主様とご遺族の気持ちがこもった考え抜いた設計とデザインの灯りです。
2013-11-07 15456













では、全体の絵を見ていきましょう。











斜め前から。
いい感じのバランスで
「本体」・「物置石」・「灯り」と全てが納まってます。

















バックショット1
灯りにソーラーライトも入り、完璧です。
故人も夜でも寂しくないでしょう・・・。









バックショット2。
「灯り」には寄贈者である故人の実家家族の3人の名前が入ってます。














引きの絵です。
良い感じで温かい雰囲気を出しつつ、周りと調和しています。









正面。
とても優しい色合いで故人とお施主様の想いがいっぱい詰まったお墓です。
本当にとても良いです!!
ppfc2_2013-11-11_15-19-40-532.jpg







最後に、
納骨のお手伝いもさせて頂き、
また、東京にお住まいなので、なかなかお墓参りにも来れないということで、
少しでも故人がそばに感じれるように、
手元供養の一つとして、
お墓の万成石と同じ、
万成石の手作りのお地蔵さまをプレゼントしました。







・・・・・・



お施主様からは、

お礼の言葉をたくさん頂きました。


その中から、後日のメールですが、



・・・・・
また、義母らもお墓を作っていただいた方に直接会ってお人柄に触れることができ、いっそうお墓に愛着を持ってもらったと思います。
ありがとうございました。
写真では様子を見せていただいていたものの、
実際に現地で見ての第一印象はずっと以前からこの墓だったような気がする、大変しっくり来るお墓だと言うものでした。
大事に作っていただいたお陰だと思います。
どうもありがとうございました。

最後になりましたが、
思いがけないお地蔵様のプレゼント、本当にありがとうございました。
東京ですとベランダに置くことになりますが、
家内がベランダで花を育てたりするうち、
庭に置くような犬の置物を置いたりしたことを思い出しました。
お墓につながるものを身近におくことができ、大変嬉しく思います。
どうもありがとうございました。

また墓参の機会があればお邪魔してご挨拶したいと思いますが、取り急ぎメールにてお礼まで申し上げます。
どうもありがとうございました。







とても嬉しい限りです。




お施主様は本当に後悔しない、
故人にとって、
自分たちにとって、
本当に満足いく形を探していたのだろう
と思います。


その中で、弊社にお声をかけて頂き、決めて頂いたことは本当に光栄で石屋冥利に尽きるというものです。

長い時間をかけて

万成石お施主様の想い弊社の想いが全て重なった時、

本当に最高のお墓が出来ました





本当に弊社としても良い経験をさせて頂きました。

ありがとうございました。



最後に、お施主様の亡き奥様のお墓への思い入れの強さは、私は人として、男として、カッコよさを覚えました。

こんな強く優しい人間になりたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

 万成石 岡山 墓石 和型 9寸 夫婦墓 灯り ソーラーライト

0 Comments

Add your comment