Welcome to my blog

万成石男(マンナリイシオ)の日記

万成石(マンナリイシ)+元男性保育士の子育て+岡山情報!! ~万成石採掘元(有)武田石材

 七重塔と銭鉢 IN 倉敷

2013.11.吉日




こだわり抜いた万成石の「灯篭」


その中でも最近、問い合わせが多い


「七重の塔」「銭鉢」の禁断のコンビがついに動きます!!









当然、
場所は灯篭の聖地といっても過言ではない、、、、、あそこです。





そう、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、





倉敷市茶屋町の「I 宅」です。

(※その時の記事「7本の灯篭!圧巻!!」2012.6.吉日)











さあ、トラックの上から七重の塔と銭鉢を順番に降ろしていきますよ!!










ここからは西條秀樹も驚く
ローラー台車作戦です。










弊社が2012年に設置した
あのタヌキも健在で、
超可愛いです。
(※その時の記事「万成石のタヌキ家族降臨」)

滝川クリステルも驚くほどの
おもてなし」系の「お出迎え」をしてくれます。












室井さん聞いてるか?
「据え付け」は
会議室で起きてるんじゃない!この場所で起きてるんだ!!

一番下の台石を仮置き状態です。













では、恒例のあいつの登場です。
いつかは太郎先生にリポートされたい気持ちを抑えつつ、
太郎セット完了!!」です。













時は流れ、

一番下の笠まで組み立てれました。











さあ、
一杯二杯は当たり前的に
こんな感じでドンドン進んでいきますよ。













二度あることは三度ある、、、
4段までいきました。
残りは秒読み。












三度目の正直」的に、、、


(何が!?)


もう目前です。










最後の石を据える前に
三太郎をはずします。
(これが結構大変(-_-;))






最後は、
ハシゴに登り人力で据えていきます。

四苦八苦」で
リーサル・ウェポン的に
最後の石を乗せまし、、、、た!!














ついに
完成です!!
「七重の塔」












ペタっと座り込み
お施主様もじっくりと眺めてます。










「銭鉢」
吾唯足知(われただたるをしる)
※水鉢の中央の□が各文字の口の部分にあたります。

「何事にも満足できず、欲求不満な人間は心が貧しく、
満足の意味を知っている人間は、自分自身を知っている心の豊かな人間」

という意味があります。










以前施工した灯篭たちと一緒に。。。
日本人の心に響きます。











引きの絵
最高ですね!!




万成石を含め、木も全て
メイド イン ジャパン
「本物の日本の和」
最高に良いです!!


最初の出会いから言うと約20年ぐらい、
万成石と弊社の加工にこだわって下さるお客様に本当に感謝です。
本当にありがたい限りです。
関連記事
スポンサーサイト

 万成石 灯篭 岡山

0 Comments

Add your comment