Welcome to my blog

万成石男(マンナリイシオ)の日記

万成石(マンナリイシ)+元男性保育士の子育て+岡山情報!! ~万成石採掘元(有)武田石材

 矢掛より闘魂三銃士来る!!

2013.8.吉日





あの花崗岩とラーメンをこよなく愛する男より依頼が来ました。




その名はノミスケ教授こと



岡山理科大学の能美洋介教授です。



「若きダイヤの原石たちを連れてっても良いですか?」、と。


「当然、良いですよ」のパターンです。




シャワーの水をはじきまくるあの現役高校生、

あの矢掛高校より

あの三銃士の丁場見学課外授業みたいのが始まりです。









まずは、
ノミスケ教授より資料やアイテムを手渡され、説明を受けます。


(※万成石は、花崗岩の中の鉱物の違いがわかりやすいらしく、全国の地質系の教室には万成石があるそうです。
特に、カリ長石と長石の違いがわかりやすいとのことです。)






さすが三銃士、、、

どこに出しても恥ずかしくない

キズひとつない背中です。








フレッシュな石の断面を見る為に、
あの地質学者たちがみんな持ってるあのハンマーで万成石のコッパを割っていきます。









「この黒いのが雲母で・・・」
「こっちの黒いのは角閃石で・・・・」等々

私どももかなり勉強できました。









ルーペで石の断面を見ています。

私どもも見させて頂きました。
思った以上にすごくよく見えます!!
とてもきらびやかで綺麗です!!








このきらびやかな見た目の中に隠された太古のロマン

そう、8千万年前にこの石が出来たというロマンです。



マントル・・・


マグマ大使・・・


マンモスの上陸・・・


情熱大陸・・・




日本列島が出来た時の事を考えると、

やばいぐらいドキドキとロマンと想像力が止まりません。




いやー、本当に私どもも良い勉強をさせて頂きました。
そして、石を採る魅力を新たに一つ教えて頂きました。
岡山理科大学教授:能美先生ありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

 万成石 岡山 丁場見学 子ども 矢掛 課外授業

0 Comments

Add your comment