Welcome to my blog

万成石男(マンナリイシオ)の日記

万成石(マンナリイシ)+元男性保育士の子育て+岡山情報!! ~万成石採掘元(有)武田石材

 7本の灯篭!!圧巻です!!

2010.6.吉日




灯篭を岡山県倉敷市の茶屋町に建ててきました。




建てた灯篭の種類は・・・





●8尺  善導寺
201006121231002.jpg





●7尺  太平
201006121231000.jpg
          







●3.5尺 雪見(タルキ波付き)
201006121231001.jpg
  







●4尺  織部 
201006121232002.jpg
         







●2尺  草屋       
●2尺  蛙
 

201006121232003.jpg
          







●2尺  菊鉢              
201006121232001.jpg




全部で7本ご購入して頂きました。
もちろん弊社の仕事ですから、オール万成で自社加工です。




ではでは、時を戻し、、、




トラックに7本すべての灯篭を載せると、いっぱいいっぱいでした。
201006120839001.jpg









これは太平の地輪(じりん)を据えている所です。
201006120839000.jpg









善導寺の地輪が宙を舞ってます。
201006120916000.jpg









善導寺のが宙を舞ってます。
201006121014000.jpg










・・・全て建て終えて全体の写真です。・・・









前から、
善導寺・雪見・太平
の順です。
201006121232004.jpg









菊鉢・織部・草屋・蛙です。
201006121232000.jpg







最近、和風の家・庭というものが減ってきてます。
そういう時代の中、
灯篭を建てる機会を与えてくださった事は、
本当に改めて灯篭の良さを感じる事が出来た良い機会でした。






建て終えて庭全体の灯篭の姿をじーっと眺めていると、やはりものすごく良いんです。
落ち着くのです。
まだ完璧に庭は仕上がってはないんですけど、灯篭自体に癒しの成分が入ってるのでしょうか・・・
それとも、やはり日本人のDNAがそう思わせるのでしょうか・・・。





TOUROU is 癒し系   
 of the people, by the people, for the people.
[灯篭は日本人の日本人による日本人のための癒し系]







・・・そう、それは日本の石で日本の職人が叩いた灯篭だなと思いました。






ホームセンター等にかなり安く中国材の灯篭がある今の時代でも、
本物志向の方は「万成石」の灯篭
もしくは国内加工のものじゃないと駄目だと、言って下さる方もいらっしゃいます。




そんな方達のためにもこれからも頑張っていこうと思う、今日この頃です。






関連記事
スポンサーサイト

 万成石 岡山 倉敷 灯篭 立灯篭 平灯篭

0 Comments

Add your comment