Welcome to my blog

万成石男(マンナリイシオ)の日記

万成石(マンナリイシ)+元男性保育士の子育て+岡山情報!! ~万成石採掘元(有)武田石材

Category: 万成石灯篭

 七重塔と銭鉢 IN 倉敷

2013.11.吉日こだわり抜いた万成石の「灯篭」その中でも最近、問い合わせが多い「七重の塔」と「銭鉢」の禁断のコンビがついに動きます!!当然、場所は灯篭の聖地といっても過言ではない、、、、、あそこです。そう、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、倉敷市茶屋町の「I 宅」です。(※その時の記事「7本の灯篭!圧巻!!」2012.6.吉日)さあ、トラックの上から七重の塔と銭鉢を順番に降ろしていきますよ!!ここからは西...

 20年ほど前の、、、

2013.1.吉日最上稲荷の初詣から会社に戻る直前、偶然、目の前の車が弊社の敷地内に入っていきました。まるで、車2台で初詣に行った帰りの様に・・・。「道を間違えたのか?」とか、思いながら近づいていくと、社長「おおっー!!」と、どうやら昔、灯篭を買って頂いたお客さんの様です。今回、お客様が来た本題は、「松の木を支える石柱が欲しい!!」ということでした。ピンと絵が浮かばなかった私どもの為に、お客様がこれをモ...

 手洗い鉢

2012.6.吉日神社等の入口によく置かれているあの手洗い鉢の注文が入りました。拝礼の前に手や口をすすぎ参拝者の身を清める水場の意味を持つ、あの手洗い鉢です。「自然石」で、と。事前に弊社の山に来て頂き、現物の万成・自然石を直接見て頂き、そして、加工に入っていきます。下場切削をして、これから穴を掘っていきます。両端を穴をあけて、間をノコで切削していきます。ジャーってこんな感じで切っていきます。とりあえず、...

 万成石のたぬき家族・・・降臨!!

2012.5.吉日万成石のタヌキを5匹据えてきました。「BEFORE」道が汚れないように養生シートを敷いてます。三太郎を巧みに使い、ギリギリの施工です。現時点では、お父さん設置です。お施主様も今か今かと目を輝かせ待っています。隣に「お母さん」設置完了。さあ、子ども三人設置されました。当然、タイガーチェックも入ります。「お母さん、チョイ左」「娘、チョイ右向き」・・・てな具合です。お施主様チェックも無事完了しまし...

 七重の塔;磨きver.

2011.12.吉日岡山県倉敷市の個人邸に「七重の塔」(本磨き仕上げ)を据えてきました。実は、この家は先日「蘭渓;磨きver.」を据えた個人邸です。百聞は一見に如かず的に、まず完成したアフター状態の姿をどうぞ。完全完成系の姿!!当然、自社の石の自社加工・施工ですから、時を戻し、加工の工程からいきますと・・・下の台3段です。各4面、凡字で東西南北を書いています。さあ、これは北?南?東?西?ん~どれでしょう??笠が...

 蘭渓(らんけい)「万成石:本磨き仕上げ」

2011、8、吉日灯篭の蘭渓(らんけい)を施工してきました。当然、万成石で弊社加工・施工です。しかし、普通の灯篭と少し違うのが、「ビシャン仕上げ」ではなく「本磨き仕上げ」なんです。だから、オーダーメイドの受注生産という形で、一から作りました。まずは、土台となる石の切削。お施主様が自然石の土台が良いということなので、自然石を切ります。切削完了!!次は、柱。柱の型を作り、型に合わせ切り込みを入れて、成形し...

 7本の灯篭!!圧巻です!!

2010.6.吉日灯篭を岡山県倉敷市の茶屋町に建ててきました。建てた灯篭の種類は・・・●8尺  善導寺●7尺  太平          ●3.5尺 雪見(タルキ波付き)  ●4尺  織部          ●2尺  草屋       ●2尺  蛙           ●2尺  菊鉢              全部で7本ご購入して頂きました。もちろん弊社の仕事ですから、オール万成で自社加工です。ではでは、時を戻し、、、トラ...

 万成石 灯篭 草屋・雪見

ある個人のお宅に雪見灯篭と草屋を据えに行きました。買っていただいたご主人のお孫さんが、ペンギンとまねき猫の置物を気に入ったようなので、おまけで差し上げました。これは、ご主人がこの「灯り」(屋外型電池式@約4000)を、灯篭の草屋の中に入れたいとのことで、持ってきたものです。で、灯りを入れるために背面に出し入口を作っています。私がまだまだ修行中の身なので、親方が手本を見せつつ加工してくれています。現場に...